残業代を請求のあれこれ

社会人は未払い残業代について理解することが大切です

サービス残業という言葉は社会に出る前の学生さんでも一度くらいは聞いたことがあるはずです。

一般には「お給料がでないのに働くこと」と思われています。
つまり、「サービスする相手」は会社というわけですが、これは法律的には違反にあたります。
このような労働に関する正しい知識というのは、実はあまり周知されていません。
「いいか悪いか」は別にして普通に働いている人は所属している会社の雰囲気の中で物事を判断するようになっています。

ですから「正確な労働法律の知識」を知るチャンスがほとんどないからです。
未払い残業代とは、要するに本来支払われるべき残業代が支払われていないことです。
ですから、本来は請求する権利があります。
そもそも論になりますが、残業代が発生する仕組みを簡単に説明しますと、会社で定められた労働時間を所定労働時間と言いますが、それを超えて労働した分が残業代です。
では、会社は所定労働時間を勝手に決められるかと言いますと、日本においては労働基準法によって労働時間は1日8時間で1週間で40時間と定められています。
ですから、会社が決める所定労働時間がこれを超えることはありません。

次に問題になるのが、「働いている状態」の考え方です。
これは法律的には定義されていませんが、裁判の判例では「休憩中の電話番」や「着替えの時間」などは労働時間と認定されました。
しかし、作業終了後にお風呂に入る時間は労働時間に認められませんでした。
基本的に残業代は支払われるべきものです。
もし、未払い残業代があったときは会社に対して請求することができますが、一般の人は未払い残業代を請求しようと思っても手続きでつまずくのが普通です。
そのようなときは弁護士など専門家に相談することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *