残業代を請求のあれこれ

会社に未払い残業代を請求する手段

未払い残業代をどうにかしたいと思った時に、いくつか手段がありますので、自分に合った方法をチェックするようにしましょう。

どうしても弁護士費用が高くて、自分でどうにかしたい場合には、会社と直接交渉するという手段があります。
ですが、会社側に法令遵守の意識があって、尚且つ労働者側にもある程度の譲歩を検討する事が出来れば、直接交渉でも上手くいく可能性はあるでしょう。

未払い残業代の確実な証拠が揃っていれば、労働基準監督署に申告をするという手段もあります。
費用も発生しませんので、社外の相談先として最も適していると言えるでしょう。
残業発生の証拠を揃えていれば、正確な残業代の計算もしてくれますので安心です。
裁判所に訴えを起こして、通常訴訟で未払い残業代を請求する方法もあります。

個人で訴訟を起こすのは、かなりハードルが高いので、弁護士に依頼をするようにしましょう。
ですが、その場合には弁護士費用が掛かりますので、事前に費用がどれくらい掛かるのかを確認しておくと安心です。
また、実名で表に立つ事になりますので、個人情報の開示を避けたい場合にはやめておきましょう。
通常訴訟よりも早く解決したい場合には労働裁判で請求する事も可能です。
労働問題を迅速に解決させるための手続きとなりますし、此処での結果は、法的効力もありますので、結果に対して、大抵の使用者が従います。
このように、未払い残業代を請求する際には、いくつか手段があることを知っておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *