残業代を請求のあれこれ

未払い残業代の請求は弁護士に依頼しよう

未払い残業代の請求は弁護士に依頼しなければなかなか思う通りに支払ってもらえないことが多いものです。

その理由は企業との契約内容や労働基準法に関する詳細な交渉が発生することが多く、さらに相互の雇用関係にも影響及ぼす危険性があるため、しっかりと法律的に様々な面で条件を精査して請求することが求められるためです。
残業代の支払いについては、一般的には企業の就業規則や賃金の支払い規則に則って支払われることが多いもので、これは企業と労働者がどのような契約を結んでいたかによって大きく変わるものです。

一般的に労働基準法では労働を行った対価について賃金を支払うように定められていますが、その条件として規定されているのは最低賃金であり、企業が独自に設定している賃金の基準額について保障されているものでは無い為、その金額については企業があっても契約内容に依存する部分があるためです。
そのため未払い残業代を請求する場合には、企業との契約に則ってその残業代がいくらになるかと言う点を弁護士と事前に精査し法律的な根拠をしっかりと裏付けた上で請求を行う必要があります。

またこれに伴い労働条件が悪化したり、雇用関係に影響を及ぼすことがないように企業と新たに契約を行わなければならないことも生じるため、未払い残業代の請求に関しては法律に詳しい弁護士に依頼し、そのすべての項目において十分な精査と準備を行った上で実際の請求を行うことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *