残業代を請求のあれこれ

未払い残業代を弁護士に相談するには

未払い残業代を請求する方が増えています。

自分が労働した部分における超過分を経営側に請求していくのは、労働者としては正当な権利になっていきます。
未払い残業代も長期間に渡っていくと高額になり、場合によっては数百万単位にも及んでいきます。
未払い残業代を請求するには、通常は弁護士を介して請求を実施していきます。
自分が雇用されていることの証明になる資料と、超過勤務があったことを証明する資料を揃え、信頼出来る弁護士へ相談をしていきましょう。

未払い残業代を請求するために、弁護士のもとに持参していく資料としては、雇用を証明するための雇用通知書と、超過勤務を立証するための就業規則、勤務表が必要となっていきます。
どこの企業でも、雇用通知と就業規則は発行されているはずですので、弁護士さんに相談に行く前に確認をしておきましょう。
未払い残業代を請求する場合に問題になっていくのが、会社でタイムカード等の明確な就業時間の管理を実施していない場合です。

タイムカード等で、就業時間の管理を行っていなくても、判例では、未払分の残業代を請求出来るとなっています。
勤務に用いる、メールアドレスや従業員IDを用いた業務記録から、実際の就業時間を証明していくことは可能です。
また、個人的につけている日記や備忘録でも、超過勤務の証明は出来る可能性もあります。
会社で明確な就業時間の管理をしていないと諦めずに、信頼出来る弁護士さんに相談を実施していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *