残業代を請求のあれこれ

未払い残業代をあきらめず、弁護士に依頼して請求する

「残業代」を請求することは、従業員にとって正当な権利です。

現在の会社でも以前働いていた会社でも、未払い残業代があるのなら請求し貰うことができます。
ただしさかのぼることができるのは2年前までに限られます。
嫌な思いをするくらいなら請求しない方がいいという人も少なくありませんが、自分で請求することができないなら、弁護士に依頼することも一つの手段です。

未払い残業代を請求するにあたっては、証拠となるものが必要となります。
勤務表やタイムカードの控えや、その時間まで確かに業務を行っていたことを証明するもの等です。
労働時間を記録するものは会社で管理されているため、残業代について心配な場合は、毎月個人で控えておくことも大切です。
またシフト表や業務日誌、メールやメモなどでも証拠としては有効です。
証拠となるものが何もない場合、会社側の曖昧な返答や態度に丸め込まれないよう、弁護士に相談してみると良いでしょう。

毎日少しずつの残業でも、2年間をまとめるとかなりな金額になる場合が多いものです。
しっかり働いた分を請求することは正当な権利なのです。
就業規則や雇用契約書の内容を確認し、確かに未払い残業代が発生しているのであれば請求することができます。
自分で証拠をそろえることができなくても、弁護士による開示請求や交渉で解決するケースもたくさんあります。
あきらめてしまっては戻る可能性はありませんが、請求すれば未払い残業代を回収することは可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *