残業代を請求のあれこれ

事業場外みなし労働時間制の場合でも残業代は発生する

会社の給与形態の一つに、事業場外みなし労働時間制というものがあります。

これは、働く前にあらかじめその日の勤務時間が定められるといったものです。また、事業所の外で営業活動を行っている際にこの方法がとられることが特徴的です。雇い主は、その人が働いているかどうかを把握しきれないというのがポイントです。例えば、午前9時から午後5時まで今日は働いたことにすると定められるということです。この給与形態には非常に大きな落とし穴があります。

それは、残業代の支払いがされていない場合が多いということです。午前9時から午後5時までの勤務とされていた場合、午後5時以降の勤務は給与支払いの対象外となってしまいます。極端に考えるならば、夜の10時まで働いたとしても、実際に支払われる給料は午後5時まで働いた分と同じになってしまうということです。事業場外みなし労働時間制で起こる残業でも、残業代は支払われなければおかしいです。

残業代を支払わなくていい理由もどこにもありません。しかし、自分一人が声を上げてもうまく支払いに応じてもらうことは難しいです。ですから、もし請求を行いたいならば、専門の業者に依頼をするといいでしょう。そうすることによって、支払ってもらえる可能性を上げることができます。また、依頼をする際には事業場外みなし労働時間制の請求に特化した業者に依頼することをお勧めします。そうすれば、さらに請求を成功させる可能性が上がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *