残業代を請求のあれこれ

事業場外みなし労働時間制と残業代とは

事業場外みなし労働時間制で働いている人は、基本的には残業をしても残業代を請求するようなことはできません。

事業場外みなし労働時間制とは、事前に取り決めた一定の時間数だけを働いたものとみなすという制度です。実際に仕事をした時間が何時間であったのかは何の関係もありません。取り決めた時間が8時間であったのなら、実際に働いた時間が6時間でも8時間でも10時間でも、とにかく全ての場合に8時間働いたものとみなされるのです。

それはどうにも納得できない、自分は実際に10時間仕事をしたし、それを証明することもできるという人がいるかもしれませんが、残念ながらそれは通用しません。みなすというのは実際がどうあれ、そのように取り扱うということだからです。では会社の言いなりで、残業代もなしでいくらでも残業をさせられてしまうということかと思われるかもしれませんが、それは違います。この制度は決して会社側に免罪符というか、いくらでも残業をさせて良いというお墨付きを与える制度ではありません。事業場外みなし労働時間制は、労使での合意がなければ適用できません。

そして、1日に働いた時間を何時間とみなすのかというのは、現実にできるだけ合わせることが求められています。実際には10時間かかっているような仕事なのに8時間とみなされることは、それで労使合意されている限りは上に書いたとおり止むを得ないのですが、そもそもそんな労使合意はなされるべきではありません。10時間とみなすのが当たり前で、その場合は2時間分の残業代は当然支払われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *