残業代を請求のあれこれ

事業場外みなし労働時間制における残業代の計算方法

事業場外みなし労働時間制は出張や出向などで勤怠管理を行えない場合にその勤務状況をあらかじめ設定しこれに対して賃金を支払う制度で、残業代を固定する方法の1つとして多くの企業で用いられているものでもあります。

しかし、あらかじめ設定された残業時間に対して実際の勤務時間が超過してしまう場合も非常に多く、この超過分の残業代については支払うわれていない事も少なくありません。事業場外みなし労働時間制は基本的には企業と従業員との間で個別に交わされる契約であり、この条文の中に超過した残業代については支払わない旨が記載されていることも多く、一般的には契約事項であるため浄化した残業代については支払われないと考えている人が多いのですが、実際には法律上は働いた分の残業代はしっかりと支給されなければいけないことが定められており、一部の特殊な例を除いては事業場外みなし労働時間制においても超過した残業時間に相当する賃金が支払われることが定められています。

一般の企業において事業場外みなし労働時間制を採用する理由は、人件費を抑制するためであることが多いものです。しかし、長時間の残業をさせてその賃金を払わない事は重大な法律違反となります。そのため、事業場外みなし労働時間制において想定された残業時間を超過して勤務を行った場合には、これに相当する賃金を請求することができます。また、勤務した時間帯によっては時間外割増や深夜手当なども請求することができるので、専門家に相談してしっかりと請求を行うことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *