残業代を請求のあれこれ

事業場外みなし労働時間制と残業代

事業場外みなし労働時間制で仕事をしている人は、通常の意味での残業代は発生しません。

では、会社や上司の言いなりで残業代ももらえずに何時間残業をさせられても泣き寝入りするしかないのかというと、それもまた違います。事業場外みなし労働時間制のもとで実際に長時間の労働が発生しているというような場合にはどんな方策が考えられるのでしょうか。まず、事業場外みなし労働時間制とは、事業場外で仕事をしており、会社や上司が勤務時間について具体的な指示を出したり、時間数を把握することが困難だから適用されるものです。

上司の言いなりというか、上司から具体的な指示を受けたり、仕事の進捗度合いをその都度報告しているような場合は、たとえ仕事が事業場外で行われる場合であっても適用されません。もちろん事業場内で行われる仕事についても適用されません。こういう場合は残業代が発生することになります。そうではなくて、確かに特に上司の指示をその都度受けるようなこともなく事業場外で仕事をしているが、そもそも仕事量が多すぎてみなし時間内では到底終わるようなものではないという場合は、労使協議をする方法はあります。

事業場外みなし労働時間制でのみなし時間は労使が合意しなければ適用になりません。実際にはもっと長時間かかるような仕事だという場合には、労使協議する余地はあります。一方で、通常はみなし時間で終わるような業務であるとして労使で合意されている場合には、自分だけ長時間かかっていたとしてもそれは自分の仕事の進め方の問題と考えられ、残業代を別途もらうことは難しいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *